TECH BUYER Aug 2022 - Web Conference Proceeding: Tech Buyer - Doc # JPJ49573422

IDC Future of Workstyle Vision Japan 2022: Future of Workstyleが企業の成長を牽引する

By:

Kazuko Ichikawa
Loading
Abstract

本Web Conference Proceeding: Tech BuyerはIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューションのグループマネージャーである市川 和子による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。

Future of Workstyle(FoW:働き方の未来)とは、「働き方」や「働く場」の未来はどのようにあるべきかを考えるフレームワークである。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが落ち着き始め、経済行動の制限が解除されるにつれ、企業は競争優位性の獲得や付加価値の増大といった、デジタルトランスフォーメーション(DX)を始動させたときに目指していた目標に向かって再度ギアを入れている。そして同時に、従業員の安全と安心を確保しながら、生産性とコラボレーションをいっそう向上させるための「働き方」と「働く場」の柔軟性の最適化を図っている。IDCは、この最適化に成功した企業が従業員の能力を十分に発揮させ、同時に創造性を醸成し、成長の機会を最大化できると考える。つまり、Future of Workstyleが企業の成長の原動力となる、と位置づけている。本講演では、Future of Workstyleのフレームワークに従って、IDCが注目するテクノロジーの動向を整理、解説することによって、従業員の「働き方」「働く場」の柔軟性の最適化を目指す際のヒントを提示する。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us