TECH SUPPLIER May 2022 - Market Forecast - Doc # JPJ47877222

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測、2022年~2026年

By:

Saki Ohta
Loading
,
Takashi Manabe
Loading
Abstract

本調査レポートは、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場の2021年の実績と2022年~2026年の市場予測を提供している。IDCでは、同市場を「IPテレフォニー市場」「IPコンファレンスシステム市場」「IPコンタクトセンターシステム市場」「コラボレーティブワークスペース市場」の4つのソリューションセグメントに分類して、市場規模を分析し予測を行っている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大およびロシア・ウクライナ戦争の発生は同市場にも影響を及ぼし、本調査レポートで用いる市場予測では、2022年4月末時点におけるCOVID-19およびロシア・ウクライナ戦争の影響と見通しを考慮している。2021年の同市場はユーザー企業における在宅勤務やハイブリッドワークが浸透した結果、高い成長となった。

「国内UC/コラボレーティブワークスペース市場が今後も成長していくために、ITサプライヤーはデジタルワークスペースの高度化および適用範囲拡大、企業価値向上を目的とした従業員エクスペリエンス(EX)改善への取り組み支援、音声コミュニケーションにおける付加価値の再検討による新たな事業機会の開拓を行い、継続的な国内におけるデジタルワークスペース活用の向上を検討すべきである」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのシニアマーケットアナリストである太田 早紀は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us