Japan Edge Strategies (Japanese Version)

IDC Japan年間情報提供サービス「Japan Edge Strategies (Japanese Version)」は、ユーザーのエッジコンピューティングを実現するITインフラの市場分析、市場予測などを報告します。2022年より、調査対象を、以前のIoTエッジインフラから、エッジコンピューティングに資するITインフラ(エッジインフラ)全体に拡大します。

本製品では、IDCのEdge Infrastructure定義に基づき、国内エッジインフラ市場を、テクノロジー別*1およびドメイン別*2のサブセグメントに分けて市場規模を算出し市場予測を行います。当該サービスは、IDCが有する国内エンタープライズ市場における市場調査の知見、既存の市場データに加え、国内におけるエッジインフラベンダー、エッジインフラユーザーへの直接取材および動向調査などに基づき、国内エッジインフラ市場の市場予測や市場動向の調査レポートを提供します。年間を通じて発行される調査報告書は、すべて、同市場で成功を収めるためのビジネス戦略策定、製品戦略策定、マーケティング、販促活動などにお役立て頂けます。

*1:テクノロジー別:Heavy Edge (Sever、Storage)、Light Edge (Gateways)、Network Equipment(予定)

*2:ドメイン別:IoT、Robotics、Drones、AR/VR、AI(予定)


Markets and Subjects Analyzed

  • 国内エッジインフラ市場
  • 国内エッジインフラ テクノロジー別市場: Heavy Edge (Sever, Storage), Light Edge (Gateways), Network Equipment.
  • 国内エッジインフラ ドメイン別市場: IoT, Robotics, Drones, AR/VR, AI
  • 国内エッジインフラユーザーにおけるエッジインフラ利用動向およびベンダー選定基準
  • 国内エッジインフラ市場における主要エッジインフラベンダーの競合分析

Core Research

  • 国内エッジインフラ市場予測
  • 国内エッジインフラ市場テクノロジー別市場予測
  • 国内エッジインフラ市場ドメイン別市場予測
  • 国内エッジインフラユーザーにおけるエッジインフラ利用動向およびベンダー選定基準調査(アンケート調査)
  • 国内エッジインフラ市場 における主要エッジインフラベンダーの製品戦略と技術動向
  • 国内エッジインフラユーザーにおける先進事例
  • IDC FutureScape: Worldwide Future of Digital Infrastructure 2022 Predictions - Japan Implications

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Edge Strategies (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. 国内エッジインフラ市場の市場規模、市場予測は?同市場における主要ベンダーは?同市場における主流のエッジ製品は?
  2. 国内のエッジインフラユーザーにおける、ベンダー選定基準は何か?
  3. 国内エッジインフラ市場において、ベンダーが注目すべき技術動向は?
  4. 国内エッジインフラ市場では、どのようなタイプのベンダーが台頭してきているか?同市場におけるビジネスの成功要因は何か?
  5. 先進的なユーザーは、どの様に エッジインフラを導入し、利用しているか?

Related Links


Meet the Experts
Masayuki Shimokawabe

Research Manager, Enterprise Infrastructure, Data & Analytics, IDC Japan

Satoshi Fukutomi

Group Manager, Enterprise Infrastructure, Data & Analytics, IDC Japan

Shinya Kato

Senior Market Analyst, Enterprise Infrastructure, Data & Analytics, IDC Japan

Yukihisa Hode

Research Manager, Infrastructure & Devices, Research, IDC Japan